奄美大島・女性一人旅・車なしでも楽しい!!2泊3日ブログ|モデルコースの紹介

旅行

2021年7月26日、奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島が世界自然遺産に登録されました!
世界自然遺産登録をきっかけに奄美大島に旅行してみたいと考える人が増えるのではないでしょうか。
私は2016年9月奄美大島に一人旅をして、奄美大島が大好きになりました。
そこで、当時の記憶を呼び起こし、旅行記としてまとめました。
奄美大島に旅行してみたいと考えている人の参考になれば幸いです。

※旅行した当時と状況が変わっている場合は調べられる限り記載しますが、お出かけの際は最新情報を確認するようにしてください。

↓楽天トラベルの予約はこちらから!!

↓じゃらんnetでホテル探しはこちらから!!

奄美大島は何もないって本当?

奄美大島に行くと話すと周りから「奄美大島は何があるの?」とよく聞かれます。
近隣の沖縄県と比べると奄美大島へ訪れる人数が少ない(※)ため、奄美大島へ行っても何を楽しんだらいいかイメージを持っていない人が多いかもしれません。
奄美大島は、美しいサンゴ礁の海、マングローブ林、多くの固有種などの自然以外にも、大島紬や黒糖焼酎など奄美大島特有の名産品があるので、何もなくて困るということはないと思います。

また、世界遺産に登録されたことで、より奄美大島の自然を楽しめるように整備されるのではないでしょうか。

※2021年の奄美大島の入域客数(奄美大島群島外からの訪問客数)は約33万人に対し、2021年の沖縄入域観光客数(県外からの観光客)は約301万人

奄美大島・女性一人旅・車なし2泊3日モデルコースの紹介

2016年9月、ずっと行きたいと思っていた奄美大島に一人旅してきました。
行きたかった理由は世界三大織物と言われている大島紬が好きだから、作っているところを見てみたかったからです。
公共交通機関だけで旅行するのは決して東京のようにスムーズにはいきませんが、島の時間に合わせてゆっくり過ごせたので良かったです。
奄美大島旅行の工程表は以下の通りです。

時間帯行程
1日目11:45→14:05羽田→奄美大島へ飛行機で移動
バスで奄美大島中心部(名瀬)へ
夕方ホテルチェックイン
中心部を散策
地元の名物を使ったバルで晩御飯
2日目ホテルまで迎えに来てもらう
シュノーケリング
ばしゃ山村まで車で送ってもらう
午後ばしゃ山村からバスで大島紬村へ
大島紬村で機織り体験
夕方名瀬へ戻る
中心部を散策・買い物
居酒屋2軒はしご、ヤギ汁を食べる
3日目チェックアウト
バスで奄美市立奄美博物館へ
バスで名瀬に戻る
奄美大島ブランド豚「あかりんとん」を使ったとんかつを食べる
13:36→15:04バスで空港へ
16:15→17:05奄美大島→鹿児島空港へ(鹿児島へ寄り道しました)

それでは、行程を詳細に説明していきます!!

ちなみに、この旅行の前に奄美大島の観光ガイドブックを買いました。写真も多くて分かりやすかったです。

1日目:飛行機で羽田から奄美大島へ

11:45羽田発の奄美大島行きの飛行機で向かいました。
羽田→奄美大島の直行便はJALのみで1日1便運航しています。成田発だとLCCのピーチが格安航空券を出していますので、興味のある方は探してみるといいと思います。

JALのチケットはこちらから探すことができます。


LCCのピーチのチケットはこちらから探すことができます。
全国各地発、世界643路線に対応!海外格安航空券予約はskyticket.jp

飛行機の時間が中途半端でお昼ご飯を食べそびれたような記憶があります。
奄美空港内の鶏飯のお店がおいしいと聞いたのですが、バスの時間の関係で諦めました。
※今はお店が変わって鶏飯がないそうです。行けばよかった!!

奄美空港からバスに乗り中心部の名瀬へ

空港から「島バス」に乗り奄美大島中心部の名瀬へ向かいました。
30分に1本のペースで奄美空港から奄美大島の中心部、名瀬郵便局までバスが出ています。
起伏が激しい道くねくね進みます。途中で海が見えたり見えなかったりして、景色を見ているだけでわくわくしました。

【奄美空港→名瀬郵便局バス情報】
料金:1,100円(旅行の工程によってはフリーパスを利用するとお得かもしれません)
大体の時間:約55分
参考:奄美空港バス時刻表

1日目夕方から名瀬を散策~奄美大島グルメを堪能

ホテル(ウエストコート奄美Ⅰ)に着いたのは16時近かったように思います。

チェックインして荷物を部屋において、買い出しに行きました。
なんと近所には24時間営業のコンビニ(全国チェーンではないので地元のなんでも屋さんという感じ)、24時間営業のスーパーなど時間を気にせず買い物できるお店が多くて、だから南国サイコーです。

アーケード商店街のようなものもあり、大島紬のお店などが並んでいます。なので、名瀬に宿泊する分には買い物は困らないでしょう。

アーケードの近くに教会があり、とてもいい雰囲気でした。なんと祭壇はケネディ大統領の葬儀で使用されたものだそうです。
カトリック名瀬聖心教会
カトリック名瀬聖心教会
24時間営業のスーパー「グリーンストア 入舟店」で奄美大島名物の「ミキ」という甘酒のような飲み物を買いました。夏バテに聞きそうな飲み物。

素泊まりだったので、翌日の朝ごはんを買ってから、晩御飯を食べにホテルの近くの飲み屋街、屋仁川通りへ。
ホテルでもらったタウン誌のようなものに載っていた地元の名物を使った料理が食べられるワインバルのような雰囲気の「架空食堂kurau」へ。奄美大島名物マグロを使ったタブレと奄美大島のブランド豚「あかりんとん」を使ったソーセージをいただきました。また、奄美大島に旅行したら行きたいお店です。
マグロのタブレ
あかりんとんの自家製ソーセージ

2日目:シュノーケリング、大島紬村

この日は朝一番で予約していたシュノーケリングです。アクティビティは一人参加OKのものが限られるので、事前調査と予約が必須です。今回はダイビングショップ ネバーランドのシュノーケリングに参加しました。プラン名までは覚えていないですが内容と値段的に①ホワイトビーチシュノーケル‥・7,500円が近いです。水着だけ用意すれば、希望場所から送迎もしてくれるので、車なし&一人旅には大変助かりました。また、当日の波や天候によって潜る場所を変えたりと臨機応変に対応してくださり、利用してよかったです。

私以外に女性2人旅の方と一緒にシュノーケリングしました。インストラクターさんが魚やサンゴの名前を説明してくださいます。奄美大島は熱帯魚も固有種がいるようで見られてよかったです。
海の中で使えるカメラがあると写真が撮れるのでおすすめです。


ランチは奄美大島で有名な馬車山村のきょら海工房

シュノーケリングが終わったら、提携しているホテル?でシャワーと着替えをして、終了です。
今はどうしているかわかりませんが、当時はLINEアカウントをインストラクターさんと交換したら、後日海で撮影してくれた写真を送ってくれます。
私以外の女性2人旅の方はレンタカーだったので、私はインストラクターさんにばしゃ山村の「きょら海工房」まで車で送ってもらい、きょら海工房でランチしました。平日でしたが、ほぼ満席の賑わいでした。どうしてもきょら海工房で食事がしたかったら予約できるか確認するといいと思います。
きょら海工房
ランチはちょっと記憶になく…。でも、きょら海工房のWEBサイトにも掲載されている写真なので、きっと名物だと思います。何を食べたか覚えていない(笑)のですが、おいしかったのは確かです。
今回は季節的に売っていませんでしたが、きょら海工房は固形・粉末にする前の液体の黒糖「生黒糖」が絶品です!
お昼ご飯を食べた後、バスが来るまでレストランすぐ裏の海で写真撮影し、この度メインの大島紬村へ向かいました。

今回の旅のメイン大島紬村で機織り体験

ばしゃ山村から大島紬村はバスで2駅、バスも1~2時間に1本のペースで出ています。

大島紬村では、ガイドの方に大島紬ができるまでの手順を聞いて、後半は大島紬の機織り体験をしました。機織りは経糸と横糸を選んで職人の方に教えてもらいながら15㎝くらい織りました。
大島紬体験
帰りはバスでホテルに戻る予定でしたが、時刻表の時間になってもなかなかバスが来ず、バス停で待っていたら、職員の方の送迎バスで一緒に送ってもらうことに。感謝です。

奄美大島最後の夜はヤギ汁を食べる

奄美大島最後の夜、ご飯の前にお土産の買い出し。名瀬のご当地コンビニ(?)123マートで黒糖やお湯をかけて食べるインスタントの鶏飯を買いました。あとは、やっちゃ場という小さい市場のようなお店で島バナナを買って食べました。大きさは一般的なバナナより小ぶりで10㎝くらいで、甘さが凝縮されていておいしかったです。

島バナナ

その後、「一村」という地元の人が行きそうな居酒屋であおさの天ぷらをいただき、どうしてもヤギ汁が食べたくて、居酒屋をはしご。

ヤギ汁

2軒目のお店の名前は覚えていないのですが、最後にヤギ汁が食べられて満足でした。
ヤギ汁は豚汁のヤギ版みたいな感じで好き嫌いがはっきり分かれそうです。私は獣臭平気なのでおいしくいただきました。

3日目:思い付きで奄美市立奄美博物館へ

3日目はノープランだったので、思い付きで奄美市立奄美博物館へ行きました。ホテルからバスに乗って長浜町で下車してすぐです。社会科見学で行きそうな施設です。奄美大島の歴史、動植物、農作業の工具の展示を見ることができます。
中でも、奄美大島で有名な作家島尾敏雄夫妻のコーナーが興味深かったです。
後々気づきますが、もし、奄美大島に関する博物館に行くのであれば、奄美パークのほうが広いし、空港に近くて便利なので、帰るまでに時間を持て余していたら、奄美パークをおすすめします。

ジェラート食べて休憩~ランチはあかりんとんのとんかつ

あまりにも暑くて奄美大島の名産を使ったジェラート屋さんANTICAで休憩。店主さんは移住者の方で、東京の話で盛り上がったように記憶しています。
その店主さんのおすすめでお昼は近くのレストランであかりんとんを使ったとんかつをいただきました。お店の名前は憶えていないのですが、法事で使うような広いレストランでした。
あかりんとんのとんかつ

奄美空港から鹿児島空港経由で帰宅

13:36ウエストコートから出るバスに乗って空港に向かいました。帰りは鹿児島を経由し東京に戻りました。空港にはお土産屋さんはあまりないので、お土産を買うなら名瀬で調達することをおすすめします。



奄美大島1泊2日車なしのモデルコースは?

奄美大島は名所が島中に点在しているので、3泊4日がベストです。
しかし、他の島を巡ったり、日程的に充分な日数が取れないこともあると思います。
例えば、1泊2日しか滞在できない、しかも車なしでも充分楽しめるのでしょうか?

ずばり、計画的に効率よく回れば、可能です!車がないならバス停の近くのホテルか市街地の名瀬に泊まるとよいでしょう。
簡単なモデルコースを紹介します。

  • 1日目空港から名瀬のホテルへ直行、夜は送迎ありのナイトツアー、2日目は名瀬の街を散策、お昼ご飯を食べて空港へ
  • 1日目空港の近くでダイビング、夜はゆっくりホテルで過ごす、2日目は奄美パークで奄美大島の文化に触れる、お昼ご飯を食べて空港へ

ただし、以下の注意点に気を付けましょう。

  • 奄美大島の天気は変わりやすいので、悪天候でも楽しめる観光を組み込む
  • スキューバダイビングは飛行機に乗る12時間前までに終わらせる

奄美大島のひとり旅おすすめツアーは?

2020年以降続くコロナ禍でひとり旅に行きたいと考える人が増えているようです。
Ozmallユーザーアンケートでは、61%の女性がコロナ禍になりひとり旅をしたいと回答しています。
奄美大島も航空券とホテル付きでオプションで現地ツアーも選べるようなひとり旅のプランも各旅行代理店から販売されているので、お手軽にひとり旅をしたいなら探してみてはいかがでしょうか。
J TRIP

奄美大島のゲストハウス滞在で素敵な出会いがあるかも

せっかくの奄美大島の滞在ということで、ホテルではなくゲストハウスに滞在する方も多いです。
ゲストハウスのメリットは宿泊料金を抑えられること以外には、他の旅行者との出会いです。
旅先での出会いは意外と旅行の後も関係性が続いたりして、更に旅が良いものとなります。

奄美大島にもゲストハウスがたくさんあるので興味があれば探してみてください。
参考:Travel Book

まとめ

奄美大島は天気が変わりやすいのですが、台風とも被らず比較的好天だったのでまた来たいと思いました。南西部の古仁屋や加計呂麻島、マングローブが生えているエリアには行かなかったので、次に旅行する際は必ず訪れたいと思います。
島の方は皆さん親切でしたし、特に観光業に携わる方は移住者も多かったので、東京のどこに住んでるのかという話などで盛り上がりました。
奄美大島は手つかずの自然を身近に感じることができ、とても神秘的な気分に浸れました。
ほんとにまた行きたいと思うくらいおすすめの場所なので、是非行ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました